スポンサーリンク

妬みと嫉妬 発想を逆転させたら人生が豊かになった 自分の心の解決策

ビジネス 仕事

小さい頃 そして大人になった今でもよくある他人と比べてしまうこと

嫉妬 妬み 羨望など僕は非常にあったように思えます

 

皆さんもこれらの感情を抱くことって少なくとも生きていれば1度や2度は誰にでもあるはず

ただこの嫉妬などって決して悪いことばかりではないのではないかなって思います

だから少し考えて見ましょう

嫉妬や妬みなどの感情の行方を・・・きっと誰しもが考えると思う『良い捉え方』ができるようにしてみせましょう!!

 

 

スポンサーリンク

妬みを成功に変える人たちの「共通の条件」

 

「人を妬んでもいいことがない」きっとこんなことを家庭では幼い頃教わってきたんじゃないかって思います

実際に人を妬んでも自分に何も返ってきませんし得もしませんよね

自分より業績を上げた人や異性にモテる人を妬んでも、業績は上がりませんし、異性にもモテません。妬みは脳内で「心の痛み」を生み出すネガティブ感情のひとつなので、苦痛を生むだけで終わることがほとんどです。

 

ですが、心理学的には人の心にムダなものは一切ないそうです。

使い方が難しいこともありますが、人が持つあらゆる感情は何かを生み出すためのものなのだそうです。妬みもそのような感情のひとつです。では、妬みを上手に使えば何を生み出せるのでしょうか。

 

妬みが生み出すものは◯◯だが、その反動で失うものも

 

妬みが何かを生み出すのか?

ただ妬むということは何かの対象物があって何かと比べてるんです

自分の成績だったり 異性にモテるとか・・・時にはお金もその対象なのでしょうか

ということは、

妬みは「私たちが欲しいもの」を教えてくれる感情なのです。そして、欲しいものを手に入れるモチベーションも私たちに与えてくれます。

 

もうちょっというと、妬みが生み出すもの『社会的な成功』なんです

これには賛否があると思います

モテたって、お金があったって、成績が良くたって成功とは言わないかもしれない

ただ社会的に見たらそれは一つの成功のようです ここは事実じゃないかなって思います

「モチベーション」 僕はここの感情はとても大切に思うんです

これが無ければ踏ん張れないと思ってます  だからこの妬みって少し大事な要素のように思えて仕方がないのです 負けず嫌いがいいことかわかりません でもそういう感情があってこそ周りも協力してくれることってないですか?

だから成功を手にする意味でも妬んだり 嫉妬したり 羨望の眼差しで見ることがあったらどうしたら自分がそれを手にできるか?そうなれるかって目線で捉えたらきっと行動や意識なども変わるのかなって思います

それをできる人がきっと妬みを成功に変える人たちの「共通の条件」なのかなって思います

 

ただその反動もあります

モチベーションや欲しいという感情が湧き上がってもそれを手に入れる「方法」は教えてくれません これは非常に厄介です

だって今の世の中なかなかそれを手に入れるのは時間がかかるから・・・

多くの人は手に入れるまでの長い間、心の痛みを抱え続けることを嫌がります。嫌ですよね・・・結構重いですから 心の痛みは心の余裕を奪うので、人を思いやることも日々を楽しむことも難しくなってしまいます。ここでもまた人によっては妬んでしまうこともあるんじゃないでしょうか?

ここで欲しいものを諦める、または妬みを忘れてしまえば、妬みによる苦痛もなくなり心の余裕も取り戻せます。要は、妬みの向こうにある成功よりも、諦めることの快適さに流されてしまうのです。

この繰り返しってよく人生においてあることじゃないですか?

 

妬みを成功にかえる

あなたが成功したいのであれば、妬みを上手に使うたったひとつの条件をお教えしましょう。それは「妬みをときどき思い出して、欲しいものを確認する」

思いって何かを変えるんです もちろん自分の都合どうりには世の中動きませんよね

でも時は必ず動きます

欲しいと願うこと 思い続けること

 

今できる準備を積み重ねていれば、あなたが妬むほどに欲しくて仕方がないものを手に入れるチャンスは必ず巡ってきます。そのタイミングがいつかはわかりませんが、チャンスを掴むためには、心に余裕を持って今できることに集中することが必要です。そのためには、普段は忘れている必要があります

これが自分の努力でできる唯一のことのように思います

 

良い妬みや嫉妬

妬みや嫉妬を人に話して見るともしかしたらいい方向に動くことがあるかもしれません

なんでかというとその中に自分の願望が強く潜んでいることがあるから・・・

モテたい、いい成績取りたい、お金が欲しい・・・

自分のことは他人が一番見えます

自分の嫉妬 妬みをいい分析材料に変えて見る それで人生がうまくいけば良い妬みや嫉妬に生まれ変わりませんか? 事柄って必ず何かをもたらしています そこを忘れないでください

生まれた感情をマイナスのエネルギーとして周りにぶつけたり、消化しきれずに自分を苦しめたりするのはもったいないことです。

妬み嫉妬を上手に使って、あなたが欲しいものを心に深く刻み込みましょう。そして、成功を掴みましょう。あなたに数々のチャンスが訪れることを願っています!

そしていつもアンテナは張っておきましょうね

妬みや嫉妬ばかりにフォーカスしても何も変わりません

そこから生まれた思いを大事に!!

 

 

人間は一人一人役割を持って生まれてくる 自分らしい生き方

 

若者の仕事観 スキルアップ 自己成長 そんな言葉はもう古い?

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました