スポンサーリンク

タイへ旅行 初めて現地美容室にも訪問 日本の美容室との差を感じました

ビジネス 仕事

今回初めてタイにコミュニティメンバーと行かさせて頂きました

 

タイのイメージ

少し大人の遊び場があるイメージ

お寺など寺院や世界的に有名な場所がある

あとタクシーなど移動手段が色々ある

パクチー笑

 

そんな漠然としたイメージでした

でも行って見ると様々な角度から色々感じることができました

 

まずは僕の職業柄のタイの初めての美容室訪問について書きたいと思います

 

タイの美容室に初めて訪問 そこで感じた日本との差

 

 

美容室に行って来ました

今回の旅の一つの目的

今後日本は間違いなく人口減なんです そして少子高齢化・・・

そんなとき店舗ビジネスって必ず厳しくなると思うんです だって人が減るってことは店舗当たりの来客数が減るんだから・・・

そして高齢化 歩くのしんどくならないですか? 来るのが億劫になりませんか?

今後不況が続いたとしたら間違いなく所得は減ります だからと言って料金を値下げしたら美容師さんの所得は減る一方 間違いなく未来の美容師の数は減ります

 

そこでどんなところが美容室やるのに適しているか?

数字だけで見たら東南アジア

だって人口増がすごいから そして所得が上がってますよね その分の貧富の差もありますが

 

そんなこともあったので実際に見て感じて来ました!!

 

このタイの美容室さんは普通のところよりも料金は高い設定だそうです

タイの平均のカット値段は1500〜2000くらいなのでしょうか?

ここは大体日本と変わらないような料金設定でした

驚いたのはアシスタントの給与 かなり安いです 一ヶ月大体ですが5万円払ばおっけーみたい もう少し安いのかな・・・

今日本は毎年最低賃金が上がっていますが、タイではまだそこは安いように感じました

家賃も東京と比べたらかなり大きな物件を借りることができますし、費用面から見たらタイの方がかなり優遇されるように思えました

集客の面にしてもまだ現地の雑誌?クーポン雑誌なのかな?そんなのに掲載すると100人前後の来客が見込めるそうです

今の日本の美容ではありえない話じゃないでしょうか?

もし独立や出店を考えたら日本は大体1000万くらい必要じゃないでしょうか?

ランニングコストなども考えたら

ただここタイですともっとランニングの費用を抑えられそうだなって感じました

家賃 人件費 集客・・・この大きな費用からしても全然かかる費用が違うんだもん

 

もちろん賛否両論あるかと思いますが、そんなイメージも持つことができました

このサロンさんは9割が日本人が来客されるそうです!!

 

海外でやっていく厳しさ・・・

海外でやっていく厳しさってなんでしょうか?

やはり言葉 文化 感じ方の違いではないでしょうか?

 

僕もロンドンにいたことあるのでわかりますが、お客様の趣向が違う これは人種によって当然なことなんですよね 流行りはもちろんカラーに関しては『目』が違うと言われたことがあります

この『目』ってなんでしょうか?

よく日本人はブロンドを金髪とか普通にブロンドとかって表現しますよね!?

ただ向こうの方は違うんです ブロンドも無数の表現をして来ます

日本見たく単一的でなくブロンドの種類を見分ける『目』を持っていました

だから日本人が感じる『いい感じ』みたいなのが全く通用しない可能性だってある

日本の流行りと海外の流行り 好みが違うんですよね

そこを踏まえてやって行かないといけない

そして言語の違い 話せるように勉強すればいいと思います ただニュアンスを掴むって同じ日本人でも難しくないですか? 異人種なら尚更なんじゃないかな

 

きっとメンタルが強くないとなかなか慣れないんじゃないかって思います

自分もメンタルは相当鍛えられたように思えますし笑

 

もちろん海外でも日本人はたくさん住んでます だから日本人相手にやるのはいいと思います

まだ国によっては日本人がサロンに立つ場合許可が必要な国もあるそうですのでそこは注意したいですね

 

結果海外でやるのはどうなのか?

僕は率直に思いましたがアリだと思いました

なにせ今後の日本よりもビジネスチャンスがありそうな予感です

ただ現地のパートナーが必要です

会社興すにも流行りや磁場をわかるにも現地のパートナーがいないと苦戦しそうにも思います

どんな風に展開するか?

ずっとサロンに立ち続けるのか?そんなことも考えなきゃいけない一つの要素なのかもしれません

日本でも美容はできます そして環境としては整っています 東南アジアではまだ使えない商材だってたくさんありますし、その壁はまだまだありますから・・・

 

今後のビジネスとして捉えて行動するなら面白い市場のように思えます

何よりも人口ボーナスが続くってすごく店舗ビジネスにとっては有利に働くはずですから

今知りたいのは美容師自体が向こうの人にとってどんな見え方しているのか?

人気な職業なのかそんなことが気になりますね

 

日本という狭い枠で考えないで広い視野で考えることも今後の美容にとってはすごくチャンスがまだまだあるように思えた旅でした

また旅の続きは書きたいと思います!!

 

 

それでは

 

あわせて読みたい

 

子供の未来 親の関わり方 何を残すのか?
Google 20年後、あなたが望もうが、望むまいが現在の仕事のほとんどが機械によって代行される

コメント

タイトルとURLをコピーしました